蛙の面に水

蛙の顔に水を掛けてもまったく平気なことから、どんなことをされても平気でいること。何をされても応(こた)えないこと。

カテゴリー: グルメ (2ページ / 26ページ)

大阪難波のサンタ・アンジェロで楽しむ熱々の焼き立てピッツァ

サンタ・アンジェロは大阪市中央区の南海電鉄なんば駅にほど近い、なんばCITYの中に入っているイタリアンレストランです。
雨の日でも駅から濡れずに行けるのが嬉しい立地です。

本場イタリアを思わせる広いサンタ・アンジェロ店内は、細部のインテリアにもイタリアらしさが出ていて、女性を中心としたグループやカップルでとても賑わっています。
ランチもディナーもコースメニューがあり、ランチセットが1人1000円〜1500円、ディナーセットが1人2800円〜3500円ほどで楽しむことができます。

サンタ・アンジェロは何を食べても美味しいのですが、その中でも1番の押しは薪焼きピッツァです。
西日本で一番最初にピザ用の石窯を導入した老舗のピッツェリアなだけあって、その味に決して外れはありません。

定番のピッツァだけでも10種類以上あり、いずれも1000円〜1600円ほどで楽しむことができます。
定番とはいっても、普段中々見ることの無いカルツォーネという餃子の様な包み焼きピッツァや、ボンバーという膨らんだ生地に生ハムをのせたシンプルなピッツァなど変わり種が結構あるので、大人数で色々な種類を注文するのが楽しいと思います。

サンタ・アンジェロの店員さんもまめにテーブルを回って気さくにオススメなどを教えてくれるので、ゆったりとした気持ちで食事を楽しむことができますよ。

店名:サンタ・アンジェロ
住所:大阪府大阪市中央区難波5-1-60 なんばCITY南館1階
電話:06-6644-2855

クオークプラスグルニエ、伊勢観光時におすすめのカレーが美味しいお洒落カフェ

カレー屋さんといえば女性一人では入りづらいイメージを持つ人も多いでしょう。
伊勢市にあるクオークプラスグルニエはカレー専門店ではないものの、美味しいカレーを注文できるお洒落なカフェです。
木のぬくもりを感じるテーブルセッティングに、カフェ好きの好奇心をくすぐる可愛い雑貨もチラホラと並んでいます。

クオークプラスグルニエはお店の方も、その雰囲気を壊さないよう落ち着いた接客をしてくれます。
女性のお一人様は勿論、女の子同士やカップルなど多くの人が利用しやすい空気感が魅力です。

店名:クオークプラスグルニエ quark̟+grenier
住所:三重県伊勢市上地町696-2
電話:0596291965

クオークプラスグルニエおすすめメニューでもあるカレーは、季節の野菜がカラフルに飾られていて目でも楽しめるようなとても綺麗な盛り付け。
ポークもチキンもお好きなものをチョイスできます。

どちらもマイルドだけれど癖になるピリ辛感がたまらず、何度でもリピートしたくなる味です。
サラダもつけられるため、食べきっても罪悪感があまりないもの嬉しいです。

クオークプラスグルニエで他に人気なのは、お持ち帰りも可能なパン。
ふっくらモッチリの食感が美味しく、立ち寄ったついでについ買いたくなっちゃう品々です。
伊勢観光の人だけでなく、地元民にも愛されるお店です。

有明で味わえるアメリカNO1のパンケーキ!オリジナルパンケーキハウス

店名:オリジナルパンケーキハウス有明ガーデン店
住所:東京都江東区有明2-1-8 有明ガーデンシティ 5F
電話:050-5457-5502

オリジナルパンケーキハウスは、1953年にアメリカのオレゴン州ポートランドで創業された老舗のパンケーキ専門店です。

オリジナルパンケーキハウス一押しは、何と言っても、ダッチベイビーというパンケーキ。
クレープのような薄ーい生地を柔らかくもちもちに焼き上げ、バターとレモンとシュガーをかけて食べるのですが、その絶妙な味のバランスと食感はやみつきになる程です。

また、ふわふわパンケーキもお薦めです。
こちらは10センチほどの厚みのあるふっわふっわのパンケーキで、口の中でとろける程柔らかいです。
意外とボリュームもあり、腹持ちがいいです。

上記2種のお値段は
・ダッチベイビー 1240円
・ダッチガーデン 1460円
・チキンクリーム&チーズのダッチベイビー 1460円
・シュリンプとスモークサーモンのダッチベイビー 1460円
・ふわふわパンケーキ(プレーン) 1100円
・ふわふわチョコバナナパンケーキ 1280円
・ふわふわミックスフルーツパンケーキ 1580円

オリジナルパンケーキハウスは、行列の出来るお店で有名ですが、有明ガーデン店は土日でも比較的並ばずに入ることができます。

佐賀県唐津市、河太郎 呼子店の玄界灘からとれる新鮮イカの味に感動

河太郎 呼子店 (かわたろう)は、佐賀県のJR唐津駅から車で30分ほどのところにあり、いつも満席の人気店となります。

店名:河太郎 呼子店 (かわたろう)
住所:050-5456-2680
電話:佐賀県唐津市呼子町呼子1744-17

どうしても、呼子のイカが食べたくなった際は、河太郎に、福岡から車で約1.5時間ほどかけて現地まで向かいます。
河太郎は、過去に「男はつらいよ」でもロケ地になった有名店で、いけす料理も、全国初で始めたお店と聞いています。

お店の前は、既に玄界灘となり、新鮮な魚介類が獲れて、全てが美味しくてたまらないような店舗でひしめいています。

呼子のイカの特徴は、丸々1匹が、そのままさばかれて、なんとも透明な姿で現れたときは大変美しく、食べてしまうのがもったいないくらいです。
触感は、こりこりとした、しっかりとした触感で、噛めば噛むほど甘みを感じることが出来ます。

刺身を頂き、残りの頭などはお店にお願いして、天ぷらなどにしてもらえますので、2度楽しむことが出来ます。
この定食は、一人2900円程となります。

私も出張や、転勤で各県を飛びまわることが多いものですが、私的に河太郎のイカは日本一だと思います。

川崎市の溝の口にある大戸屋の炭で焼いたアジの定食メニュー

店名:大戸屋 溝の口店
住所:神奈川県川崎市高津区溝口1-8-5フジモトビル2F
電話:044-322-9870

神奈川県川崎市の溝の口にある大戸屋では、様々な定食が展開されていますが、鯵の炭火焼き定食はおすすめのメニューの1つです。

魚を使った定食のメニューはいくつか見られますけど、このメニューはアジが主役であり、しかも炭火焼きという単語がポイントだと思います。
私はアジは魚の中では好きな方でしたし、そのアジが炭火焼きで調理されている光景を想像すると、すぐに食べたくなってしまいました。

大戸屋の鯵の炭火焼き定食の実物を注文すると、その見た目で食欲が高まってきたと言えます。
匂いももちろんなのですが、焼け具合で美味しそうだと瞬間的に思えましたから。

実際に食べてみると、大戸屋のアジは香ばしさの風味が非常に強く、そこの印象がかなり残ったと思います。
アジという魚は普段から食べ慣れている人が多いはずで、馴染みがあるので誰にとってもおすすめです。

そして、このメニューは多くが普段から食べているアジとは違った風味があるため、そこに感動を感じられると思います。
他の肉系の定食メニューに目がいきがちだとは思うものの、こういう定食メニューにも注目してみると良いでしょう。

吉祥寺にあるココスのボリュームが抜群のステーキメニュー

店名:ココス吉祥寺店
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-7-8マーブルビル2F
電話:050-5457-8080

吉祥寺にあるココスにおいては、ビーフハンバーグステーキは注目すべきでしょう。
ファミレスならば割と見かけるようなメニューに見えるかもしれませんけど、これはステーキそのものに関してかなり特徴を感じられます。

ココスのビーフハンバーグステーキのステーキは、ボリューム面における魅力が非常に優れていると言えます。
というのも、直方体のような形をしている状況と言え、厚みがすごいあるのが一目で分かるのです。

だから、小さくカットして食べたつもりでも、厚みがある分すごい頬張ったような感覚になれます。
ボリューム面では満足いくこと間違いなしだと思うのですが、このメニューは690円となっているため、値段も含めてかなり魅力的です。

量の割には相当安いのでは?と思えるような価格設定になっているので、そこも覚えておいてほしいです。
このメニューはハンバーグステーキとなっているものの、どちらかと言えばハンバーグよりはステーキの印象が強いかな?という気はします。

噛み応えもそこそこありますから、そういう部分でも満足感を得ることができ、ココスのステーキ関連のメニューの中では特におすすめできると思いました。

おもてなしごはん。OYOBARE、鳥栖市にある健康美になれると話題のカフェ

カントリー調の木材がふんだんに使われ、26席のゆったりくつろげるテーブル席とカウンター席を用意しているコチラのごはん屋、おもてなしごはん。OYOBAREはオーナーも野菜好きと言うだけあって、色鮮やかに盛り付けられた野菜がメインのランチが評判になっています。

モリッと盛られた野菜がインパクト大、身体に優しい料理で女性ファンが多いため、接客対応もきめ細やかです。

おもてなしごはん。OYOBAREオススメは、おまかせベジタブル(1200円)で、毎日のメニューが、おまかせで、地元で採れた野菜を中心に役30品目、多い日には40品目が使用されていて、ちょっとずつたくさん食べたい、そうしたリクエストに応えています。

ごはんも白米でなく玄米、お豆腐も手作りですし、野菜にかけるドレッシングにまでオーナーのこだわりの手が加わります。

おもてなしごはん。OYOBAREはランチタイムからそのままカフェタイムに入ることも可能で、オーナーがオーダーを受けてから淹れるコーヒーには、コーヒー味の羊羹などが頂けます。

フリードリンクとして提供されているのは、フルーツウォーターで、デトックスウォーターとしても評判を呼んでいます。

店名:おもてなしごはん。OYOBARE
住所:佐賀県鳥栖市蔵上4丁目120 2F
電話:090-9490-3332

2 / 26ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén